文章力養成コーチ ゆか先生の「書きまくるトレーニング」 徒然なるまま かきまくれっ!

国語について、そして書くことについて、つづっています。

わざと難しい言葉を使う

2017年2月6日

人間誰しも知っている言葉しか話せません。大人も子どももそうです。知っている言葉だけで生活していると、語彙は増えませんよね。
「今日の夕飯何にしよう……」「あーお腹が減ったな」そんなことですら人間は言葉を使って考えています。
つまり、言葉を増やすということは、思考の道具を増やすと言うことになります。
そして語彙を増やすということは、世界を広げるということ。自分の子どもには世界を広げてほしいですよね。
今日は「わざと難しい言葉を使うこと」についてお話しします。

 

ヒロウコンパイって!?

子ども「今日は、なわとび大会の練習でめちゃくちゃ疲れた~」
親「そんなに疲労困憊しているなら、ゲームは無理ね~(ニヤリ)」

「ゲームは無理っ!? なぜ? 」子どもは必死に考えます。
「ヒロウコンパイって?」と聞いてくるはずです。
そこがチャンス!

低学年のうちは「めちゃくちゃ疲れていることよ」とお子さんの言葉をそのまま返しても構わないでしょう。
お子さんが、国語辞典の引き方を知っている場合は、「さあね~、調べてみたら?」と返すのも手です。
その時の子どもの様子、食いつき度によって、言葉の意味を教えてしまったり、辞書をひかせたり、いろいろ手段はありますね。
子どもとの会話の中で使う言葉を、わざと少し難しい言葉に言い換えることは、語彙数を増やすよい機会になると思います。

 

やばうま

最近、大学生にレポートを書かせると、「やばい」という言葉が出てくるそうです。本来の意味から離れていますし、いろいろな状態を含有しますので、思考が曖昧になります。最近では「本当に美味しい」ことを表す時に「やばうま」なんて言います。
また、知っている言葉が少ないために、長い文章が書けない社会人もいるそうで、最近の若者の語彙数の少なさには本当に驚かされます。

 

日常会話で小さな練習

語彙を増やす方法としては、私は「読書」を一押ししますが、何気ない日常の会話の中で、子ども用の言葉を使わない、そんな工夫で語彙を増やしてみるのも良いでしょう。
子どもの語彙量が分かる良いチャンスでもあります。

 

新入生募集
「かきまくれっ!こくご トレーニングペーパー」では、2017年度の受講生を募集しています。
新年長コース あと9名
新1年生 あと7名
新2年生 あと3名
新3年生 あと7名
新4年生 満員御礼
新5年生 あと4名
新6年生 あと6名です。
2017/02/24現在

お問い合わせ