文章力養成コーチ ゆか先生の「書きまくるトレーニング」 徒然なるまま かきまくれっ!

国語について、そして書くことについて、つづっています。

運動部出身の子が受験に強い3つのわけ

2017年1月1日

新年あけましておめでとうございます。今日は元旦ですが『正月特訓』という講座にお正月から通う受験生もいます。私はお正月ぐらいのんびりしようよと思う方なんですが、主人の塾では明日から『正月特訓』再開。そう、いよいよ受験本番に突入です。今日は来年受験を視野に入れているご家庭で、お子さんが運動部の方に向けて。

 

「運動部だったの?じゃあ大丈夫」この太鼓判のわけ

正直、受験期に習い事やお稽古事、スポーツをすることに、私は賛成しません。なぜなら、明らかに勉強時間が不足するからです。そんなに甘い世界じゃありません。ただし、時間をかければいいというものでもありません。しっかりした目的もなく、託児所代わりに小学校低学年からだらだらと塾に通っている子どもが、いくら時間をかけてもなかなか伸びない様子は、想像にたやすいでしょう。そこに運動部出身の子が、例えば小6の夏頃から登場。着実に成績を伸ばし、見事目標校に合格。そういうことが多く見受けられます。
いったい、彼らの何が長けているのでしょうか。

 

運動部の子はメンタルが強い

厳しい練習に耐えたり、仲間に抜かれて悔しい思いをしたりと、とにかく苦しいことが多い運動部。そして、それを克服するのは「運」ではなく「努力」です。そのことを、身をもって知っているのですね。
試合に負けて泣いている子どもを、慰めきれなかった親御さんの話もよく耳にします。
「小さい時は、よしよし、がんばったね」で収まっていた感情も、試合に負けた日は、大好きな夕飯もあまり食べなかった、また美味しいものを食べてにこにこしても、夜は部屋で泣いているようだった、そんな経験を積んでいるのです。
そこでは親も良い経験を積んでいます。下手に口や手を出さない、子どもの成長を見守る訓練です。

 

運動部の子は、体が丈夫

日本の受験シーズンは2月。一年で一番寒い時期です。インフルエンザやウィルス性の胃腸炎も流行る時期。受験生は11月中にインフルエンザの予防接種等を済ませ、受験前には体調を完璧に整えるのが鉄則ですが、それでも、ハードスケジュールに体調を崩し、病気に罹ってしまうこともあります。
当たり前の話ですが、運動部出身の子は体が丈夫。皮膚も強く、心肺機能も高いので、風邪も引きにくいようです。

 

運動部の子は、目標達成の方法をしっている。

運動部の子は、自分たちのチーム目標を達成する為に、毎日様々なトレーニングを積んでいます。前述の、メンタルの強化、体力の強化もその一貫です。例えば「次の試合で勝つ」という目標の為に、何が必要なのかを洗い出し、その為に何をするのかを定め、あとはそれを毎日こなしています。もちろん、子どもたちだけではそんなことはできません。そこには「コーチ」が存在します。コーチが、チーム全体の目標、子どもそれぞれの役割を、子どもたちと一緒になって考え、指導しています。そして、子どもたちは、自分たちが、どのようにして目標に近づくのかを、身をもって体験するのです。
去年、大谷翔平選手が、花巻東高校の1年生の時に立てた81マスの目標達成シート(※)が有名になりましたが、運動部の子は、目標達成の為に割り出したことに対し、こつこつと努力する力に長けている印象があります。そして、失敗もしますが、成功体験も積みます。
この経験は、受験期にも活かされます。コーチは、運動部から塾講師にバトンタッチされますが、残り数ヶ月で自分が何をすべきか、どれくらいそれに注力するのか、うまく行かない時はどう切り替えて次につなげるのか、体で分かっている子が多いと感じます。

 

運動部に入ってればいいという問題でもない

ここまで言うと、ホッと胸をなで下ろし、「じゃあうちの子は大丈夫だわ」と思ってしまう親御さんもいるかもしれませんが、託児所代わりにボーッと塾に入っている子と同じように、「体力が付けば」ぐらいのレベルで運動部に押し込んだ場合は、あまり効果は期待出来ません。ただ、運動部の場合は、自然に体で覚えていくことも多く、悔しい思いを経験する確率も高くなるので、自然に有利な状態になっているということです。
大切なのは、塾にしろ、運動部にしろ、子どもが何をしているのか、何を学んでいるのかを知り、バックアップ体勢を取ること。口も手も出さず、見守る「親力」を、親自身もつけることです。
さて、中学受験本番まであと1ヶ月。東京都(2月1日解禁)の前に、埼玉県(1月10日解禁)・千葉県(1月20日解禁)の一般入試も始まります。
体調を整え、万全のメンタルで臨めますように。

参考:大谷翔平選手を作り上げた目標達成用紙(マンダラート)が凄い
https://matome.naver.jp/odai/2142905934886611201

お問い合わせ