文章力養成コーチ ゆか先生の「書きまくるトレーニング」 徒然なるまま かきまくれっ!

国語について、そして書くことについて、つづっています。

親子関係を見直す読書感想文講座

2020年7月9日

夏休みのラスボス、読書感想文

いやでいやで最後まで残し、結局、ゆとりも何もない夏休みの最終日に、親子でけんかしながら取り組む。

こんな思い出で、子どもが読書感想文が好きになるわけないじゃないですか。じゃあなんでこりずに、毎年夏休みの宿題にするんでしょうね。

めんどくさい

もし、読書感想文が「かんたん」だったら、誰も文句は言いませんよね。そう読書感想文って大変なんです。だから、夏休みにって思ったんでしょうか? でも夏休みじゃ、学校で指導できないじゃないですか。結果、家庭に丸投げ→保護者が怒る→ますます嫌われる、のパターン。ふう。どこかでこの連鎖止めなくちゃですよね。

書きっぱなしになっている

コンクールなので、学年で1,2名が選出されます。その子たちは添削指導を受ける場合もありますが、残りの何十人は「書きっぱなし」状態です。ここが良かったね、くらいのアドバイスを受けるだけ。

習ってない

学校では読書感想文の書き方は教えません。原稿用紙の書き方が課題本リストとともに添付資料でついてくるぐらいじゃないですか? 熱心な先生に当たればよいのですが、そこに期待するのもおかしな話。

読書感想文講座では

読書感想文講座を開いています。本来、読書感想文というのは、素晴らしい教材なんです。

自分の思考と感情を言葉にして伝える

これは、中学でも高校でも、大学でも就職でも、仕事でも恋愛でも、そう人生で大事な技術。もちろん、思考と感情の「表現方法」は自由です。音楽でもダンスでも絵でもなんでもいい。ただ一般の人は「言葉」で伝える機会がだんぜん多いはず。その練習、良い機会だと捉えられたら素敵なのにと思います。

読書感想文の書き方講座じゃなかった!

こんな感想が多い私の「読書感想文講座」

それは、読書感想文を親子で取り組むたった一つのコツについて、繰り返し繰り返し話すからです。それは

こどものすることを否定しない

それだけ。

あらゆるシーンで、です。

その繰り返しです。実はそれは、子育てのコツでもあります。だから、講座の感想がこんな感じ。一部文章を変えています。

私の夢は「素敵な読書感想文を書く子」を育てることではありません。参加すると、それが分かるのだと思いますが「素敵な親子関係」を作ることです。夏休みの最終日にイライラして怒鳴り散らしているママを一人でも減らすことなんです。

 

 

講演会の依頼も、メールでどうぞ。

yuka.matsu35@gmail.com

お問い合わせ