文章力養成コーチ ゆか先生の「書きまくるトレーニング」 徒然なるまま かきまくれっ!

国語について、そして書くことについて、つづっています。

なぜ私立中学か

2017年2月24日

塾業界では、2月1日から新学期が始まりました。
東京都の私立中学の入学試験の解禁日なのです。
私も、2月1日の早朝、満員電車の中で、何組かの親子を見かけました。
試験日だというのにギュウギュウ詰めの電車で可愛そうということなかれ。受かったら毎日です。
どうしてそんな思いをしてまで、私立中学人気は衰えないのでしょうか。

思考力・判断力・表現力が問われる

戦後最大の大学入試改革となる、2020年度のセンター試験廃止に合わせ、新しい入試スタイルを取り入れる私立中学が増えています。
センター試験は2019年度の実施を最後に廃止され、翌年度の大学入試では「大学入学希望者学力評価テスト」が実施される予定です。この「大学入学希望者学力評価テスト」では、今までのセンター試験とは違い、「思考力・判断力・表現力」が問われる問題が出題されます。

 

思考型試験とは

私立中学では、この力のある生徒を中学入試の段階で集めようという計画です。全員大学を受験する私立の学校として当然の対応策ですね。
その対策の一つとして、「思考型試験」が東京、神奈川、千葉、埼玉の私立中学109校で取り入れられる予定だそうです。今は続々とその分析が大手私塾のサイトに上がり始めています。
「調べたことについて考えをまとめ、試験官の前で発表する」というような試験もあります。インターネットや辞書、図鑑などを使用しても良いそうです。また、この私立中学入試に対する模擬試験では「ある課題について自問自答。問いかけを自分で作り、答える」という課題を出した塾もありました。ずいぶん高度な問題である気がするかと思います。確かに一朝一夕に身につく力ではありません。いつの時代も、まずは優秀な子どもを早い段階で囲い込み、しっかり育てていこうというのが私立中学の目的です。ただし、中学入試は精神的に大人になっている方が有利ですし、大器晩成型のお子さんの場合は高校入試で受験勉強をした方が、むしろ良いという場合もあります。
まずは、中学入試について、じっくり親子で話し合ってください。そして入試を考える時に、大学入試改革から考えることも大切ですから、情報をきちんと集めましょう。今は、色々な大手私塾で情報を公開していますので、一通り見ておくと良いでしょう。

 

親の意見を押しつけない、親子の会話が大切

では、家庭では何ができるでしょうか。学校であったできごと、テレビから流れてくるニュース、どんな話題についても、親子で会話をしてみましょう。そこが原点です。思考力・判断力・表現力、3つの力の基礎が付きます。お子さんが小さいうちから初めて「これが普通である」状態を作ることがポイントです。
すでに「今さらね」という段階に入っている家の場合でも、例えば難民問題について「大変そうね。どうしてこんなことになっているのかしらね」そんな話でいいのです。話が発展した場合、親はついつい正論をぶつけたくなります。しかしここはぐっと我慢。相手を一人の人間ととらえ、意見を尊重しましょう。自分がそうされたいと同じくらい相手を尊重するのです。特に、アメリカの新大統領の話や、原発の話などステレオタイプの人間にしたくないのであれば、なおさら子どもが何を思考し、どんなふうに判断し、どう表現しているのか知って下さい。
偏った見方や、酷い表現をしても、それを制したりせず、静かに自分の意見を述べて下さい。お子さんは自然に色々な意見を取り入れるようになります。
ま、たまには討論会なみに議論し合うのもいいですね。

私立中学の入試では、グループに分かれ、議題についてディスカッションし、まとめて表現するというような面接を行っているところもあります。そういう場合の練習にもなりますね。

どんな出題形式になるのかまだ手探りの状態ですが、親子で話をすることは、その辺りをだいたいカバーできる力の基礎になると思います。

 

ちょっと宣伝

「かきまくれっ!こくご トレーニングペーパー」では、3年生まではとにかく基礎語彙力、基礎文章力を鍛えます。
誤字や漢字ミスなどで失点がないようにするためです。
4年生からは、文章にストーリー力をつける練習をしています。今、4年生の人は、何がそれに該当するのかもう分かりますね。
5年生からは、資料を要約し、自分の意見を添える練習を毎週しています。
本当に地味な作業ですが、これが上手にできるようになると、むしろ「楽しさ」さえ感じるようになってきます。
中学受験をするかどうかはまた別の問題ですが、単純な偏差値時代は完全に幕を閉じようとしています。
思考する力、それをまとめる力をつけるために、一緒に書きまくっていきましょう。

 

新入生募集
「かきまくれっ!こくご トレーニングペーパー」では、2017年度の受講生を募集しています。
新年長コース あと9名
新1年生 あと7名
新2年生 あと3名
新3年生 あと7名
新4年生 満員御礼
新5年生 あと4名
新6年生 あと6名です。
2017/02/24現在

お問い合わせ